mii_white’s diary

好きな人への気持ちをただ綴っているだけのブログです

筋を通すこと

 

自分の生き方の筋を通そうって毎日思います。だから、あんまり世の中で言われている常識とか何が正しいとか悪いかっていうのはどうでもいいです。

 

人からどう思われるのか気にするのも時間の無駄です。そんなに人生、時間ないよ。

 

生き方を考えるというのは、やはり人との出会いのなかできっかけをたくさんもらってきました。

 

その中でもやはり本当に色々考えさせられたのは夜の銀座での人との出会いです。

 

夜の銀座で出会い、パートナーになった人のひとりに、韓国の元プロ野球選手の方がいます。

 

特定はできないと思うので書いても支障はないと思うのでちょっと彼のことを書きます。 

 

怪我で野球を続けられなくなって、学歴社会の韓国で受け入れてくれる器がなかったから、日本の国立大学に留学して、その後韓国に戻り財閥系の大手企業に就職します(結構家柄がいいから、コネとかあったのだと思うけど)

だけど、彼は大企業の会社の体質が合わなくて1、2年で辞めてしまい、小さな商社に営業職で入りました

 

サラリーマンの経験がないからと、馬鹿にされて、はじめは毎日トイレ掃除をしていたそうです。でも3年で彼はそこの会社のお客さんを全部自分につけて、

 

それで独立してしまいます。社長に泣きつかれてやめてほしいと言われたらしいですが、全く同じビジネスで彼は独立しました。

 

わたしが銀座で会った時、日本の大企業の上層部の方達ときていて、それで仲良くなりました。

 

はじめからずっと笑顔で、とにかくすごく素敵な人でした。プロ野球選手だから体はいい、顔もいい、頭もいい、優しい、お金がある。

 

だから仲良くなったし、そういう過去の話とかを聞いて、すごいと思いました。

社会的にはやってはいけないことだけど、そこは国も違うしわたしのわからない部分もあると思う。そして人としてはとても素晴らしい人だったからすごいとしか思わなかった

 

彼がすごかったのは、自分が人を信じられないこと、人を使うのが怖いってはっきり言っていて、それに正しいとか悪いとか判断を加えずに淡々とビジネスに向き合っていた部分です。

 

韓国ではソウルでもっとも家賃の高いところに事務所を構えていて、彼のビジネスはもっともっと拡大できそうでした。

 

でも彼は人を使うのが怖いから、それ以上にビジネスを大きくはしていませんでした。彼は日本に月になんどもきてたし、私も韓国に遊びに行ってました。

 

だけど結局わたしははじめから彼のこと好きじゃなかったです。そういうかっこいいとか、一緒に歩いているとみんな振り返るとか、優しいとか、そういった条件でつきあってました。

 

でも、一緒にいても楽しいと思ったことがなぜか一度もなくて、セックスもいやでした。

 

この人とは1年くらいしかつきあわなかったけど、人としてはやっぱり私の中ですごい人です。

 

もうひとつすごかったのはこの人は本当に億万長者だということ。もし今あるものをすべて失っても、今と同じだけのものを築く自信があるよってさらっとかっこいい笑顔で言ってました。

 

だろうねぇ〜(笑)って思いました。彼ならできる。彼はほんとにすごい人だった。

 

正しいとか悪いとかってどうでもいいともう。人を暴力とかで傷つけたりはもちろんいけないけれど、必死で生きてきて、それが法とぶつかることって普通にあると思う。

 

 

自分で自分の生き方におとしまえをつけて、腐らずに生きてて、それでいて人に優しくなれる人。

そういう筋が通った生き方をしてる人を尊敬します。